GUIDELINE

CeVIO AI 音楽的同位体 
可不(KAFU) 利用規約

この利用規約(以下、「本規約」といいます)は、株式会社THINKR(以下「当社」といいます。)が提供する音声合成ソフトCeVIO AI「音楽的同位体可不KAFU」(以下、「本製品」といいます)のご利用に関して定めるものです。

第1条
用語の定義

  1. 「ユーザー」とは、個人又は法人を問わず、本製品を正規配布元よりダウンロードした方をいいます。
  2. 「本製品」とは、CeVIO AI「音楽的同位体可不KAFU」をいい、関連するあらゆるアップグレード版や修正版等を含みます。
  3. 「音声波形」とは、本製品を使用することによって生成される、あらゆるオーディオ出力をいいます。
  4. 本製品の「使用」とは、本製品の全部又は一部がコンピュータ又はデバイスの一時的なメモリに読み込まれていること、又は永続的なメモリにインストールされていることをいいます。
  5. 「本キャラクター」とは、本製品の名称CeVIO AI「音楽的同位体可不KAFU」と、本製品に描かれた絵画の著作物とによって、その外観等の特徴を表現されている抽象的概念をいいます。

第2条
音声波形の無料使用範囲

ユーザーは、個人であると法人であるとを問わず、本製品で生成された音声波形を、非商用かつ非業務目的で利用する場合には、クレジット表記を行うことを条件に、事前に当社の許諾を得ることなく無償で利用することができます。但し、個人による商用又は業務目的での利用の場合については、以下の[ご利用例]に記載されている範囲内での利用に限り、クレジット表記を行うことを条件に、事前に当社の許諾を得ることなく、無償で利用することができます。なお、クレジットには本キャラクターの名称を表記してください。

【ご利用例】
  1. 動画投稿での利用
    個人又は同人サークルで投稿する場合、広告収入があっても、無料でご利用いただけます。
  2. 音楽のメディア(DVD/CD)販売、ダウンロード販売
    個人又は同人サークルで製造販売したり配信サイトに登録する場合、無料でご利用頂けます。
  3. 動画のメディア(DVD/CD)販売、ダウンロード販売
    個人又は同人サークルで製造販売したり配信サイトに登録する場合、無料でご利用頂けます。
  4. クラブイベント、コンサートでの利用
    個人又は同人サークルのみで参加して利用する場合、無料でご利用頂けます。
  5. アプリ、ゲーム等の販売、配信
    個人又は同人サークルで製造販売したり配信サイトに登録する場合、無料でご利用頂けます。
  6. 授業での利用
    教育関連に携わる個別の教員がご自身の授業や部活動で利用する場合、無料でご利用頂けます。ただし、資料の配信・共有等を行う場合は個別に事前に当社までご相談ください。
  7. その他当社が無料でのご利用可能と判断した場合。

なお、本条の規定にかかわらず、本製品及び本製品で生成された音声波形は以下のいずれかの項目に該当する又は関連する表現のためにはご使用いただけません。またそのような表現態様による利用を当社は許諾するものでもありません。

  1. 他人の気持ちや名誉、考え方などを傷つける目的のもの
  2. 特定の政治・宗教を過度に推す、または貶すもの
  3. 過度に暴力的・グロテスク・性的なもの
  4. その他反社会的な表現のもの

第3条
本キャラクターの無料利用範囲

本キャラクターの利用範囲は、「KAMITSUBAKI STUDIO 二次創作に関するガイドライン」https://kamitsubaki.jp/guideline/に掲げるとおりとします。
なお、本キャラクターを教育関連に携わる個別の教員がご自身の授業(学校教育法に定める学校に限らず、民間企業の設置する塾やスクールにおける授業も含む。)や部活動で利用する場合も、無料でご利用頂けます。ただし、資料の配信・共有等を行う場合は個別に事前に当社までご相談ください。

第4条
別途使用許諾が必要な場合

第2条、第3条の範囲外での利用に関して、「【KAMITSUBAKI STUDIO】二次創作ガイドライン」またはCeVIOの公式サイトにおいて公表する等の方法により、本規約に定めのない利用方法についても許諾することがあります。その他の利用方法においては、事前に当社までお問い合わせください。なお、使用形態によっては、ライセンス料等、追加の使用許諾契約をさせていただく場合がございます。

第5条
禁止事項

本製品のご利用においては、次の行為及び当該行為を禁止させて頂きます。

  1. 公序良俗に反する歌詞を含む音声波形を公開又は配布すること。
  2. 第三者の名誉、その他の権利を侵害する音声波形を公開又は配布すること。
  3. 本製品を解析、逆コンパイル、逆アセンブル、リバースエンジニアリングすること。
  4. 本製品の不具合や障害を不正な目的で利用する行為またはそれを第三者へ伝達すること。
  5. 本製品を中古品として第三者に再販売すること。
  6. 本契約に違反すること。
  7. その他、当社が不適切と判断をした行為を行うこと。

第6条
ユーザー自己責任の原則

ユーザーは、本製品の利用に伴う自らの一切の行為とその結果について一切の責任を負うものとします。ユーザーの行為に起因して紛争その他の問題が発生した場合には、ユーザーは、自己の費用と責任で当該問題を解決し、当社は一切責任を負いません。

第7条
本製品の変更、終了、一時停止

当社は、事前の予告なくいつでも本製品の内容を変更することができるものとします。また、当社は、ユーザーに対して、3ヶ月前までに当社のホームページ上での掲示その他当社が適切と認める方法により告知することにより、本製品のサポート、及び配布を終了することができるものとします。

第8条
知的財産権

  1. 本製品にて当社から提供される情報(音声、画像、映像、文章などを含むが、これらに限られない。)、ソフトウェア、商標、コーポレートマーク等(以下「本件情報等」といいます。)に関する著作権(著作権法第27条および第28条に規定する権利を含み、以下同様とします。)及び著作隣接権その他の著作権法に定める権利、商標権その他知的財産権は、当社または当社に本件情報等を提供している提携先に帰属します。
  2. 本製品のレイアウト、デザインおよび構造等(以下「本件レイアウト等」といいます。)に関する著作権及び著作隣接権その他の著作権法に定める権利、商標権その他知的財産権は、当社または当社に本件情報等を提供している提携先に帰属します。
  3. ユーザーは、本件情報等および本件レイアウト等の全部または一部を、当社の事前の文書による承諾を得ずに、複製、公開、公衆送信、頒布、譲渡、貸与、改変、翻訳、翻案、使用許諾、転載、再利用その他の利用(以下「利用行為等」)をしてはならないものとします。但し、ユーザーは、承諾を得た場合であっても、本件情報等および本件レイアウト等の全部または一部について、別途当社の事前の文書による承諾を得ない限り、以下の行為を行うことはできません。
    1. 営利目的で利用行為等を行うこと
    2. 商業目的で利用行為等を行うこと
    3. 著作権等の知的財産権に関する表示を削除すること

第9条
免責事項

  1. 当社は、本件情報等の確実性、正確性、安全性、有用性、第三者権利侵害の有無、および特定目的への適合性のいずれについても保証するものではありません。
  2. 当社は、本製品の確実な提供、アクセス結果、セキュリティなど本製品の品質についても、一切保証しておりません。また、当社は、第10条1項により本製品の提供を一時的に停止した場合も含め、本製品の欠陥が原因でユーザーへ損失や損害が発生した場合も、一切責任を負いません。
  3. 当社は、本製品上のコンテンツその他の情報を削除または喪失したことにより、ユーザーに損失や損害が発生した場合であっても、一切責任を負いません。
  4. 当社は、ユーザーが使用するコンピュータ、回線、ソフトウェア等の環境等に基づき生じた損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。
  5. 当社は、本製品および第三者のウェブサイトからのダウンロードやコンピュータウイルス感染等により発生した、コンピュータ、回線、ソフトウェア等の損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。
  6. 当社は、当社の責めに帰すべき事由によらず、ユーザーの個人認証情報が流出し、第三者に使用されたことによって当該ユーザーが被る損害については、一切責任を負いません。
  7. ユーザーの行為が法令違反や第三者の権利侵害等にあたる場合は、民事・刑事責任に問われる場合があります。ユーザーは本製品における活動その他自らの行為に一切の責任を負うものとし、訴訟その他一切の手続等から当社を防禦するものとします。
  8. 当社は、本製品の内容を変更、追加または削除を行ったことによりユーザーに発生した損害については、一切責任を負いません。
  9. ユーザーは、本条各項の事由によりユーザーに損害が発生した場合には、当社に対して損害賠償を一切請求しないことを承諾するものとします。

第10条
損害賠償額の制限等

  1. 本製品の利用に関し、当社がユーザーに対して損害賠償責任を負担することとなった場合であっても、当社の損害賠償の範囲は、請求の原因の如何を問わず、現実に生じた通常かつ直接の損害に限定されるものとし、ユーザーの逸失利益、間接損害または特別損害については一切責任を負わないものとします。
  2. 前項及び本規約に定める当社の責任を免除する定めにかかわらず、本規約に基づくユーザーと当社との間の契約が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、当社は、当社の過失(重過失を除きます。)による当該ユーザーに対する債務不履行責任または不法行為責任については、ユーザーの逸失利益、間接損害または特別損害を賠償する責任を負わず、通常生ずべき損害の範囲内で、かつ、1ユーザーあたり本製品金額を上限として損害賠償責任を負うものとします。

第11条
当社からの損害賠償請求等

  1. 本製品の利用に関し、当社がユーザーに対して損害賠償責任を負担することとなった場合であっても、当社の損害賠償の範囲は、請求の原因の如何を問わず、現実に生じた通常かつ直接の損害に限定されるものとし、ユーザーの逸失利益、間接損害または特別損害については一切責任を負わないものとします。
  2. 前項及び本規約に定める当社の責任を免除する定めにかかわらず、本規約に基づくユーザーと当社との間の契約が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、当社は、当社の過失(重過失を除きます。)による当該ユーザーに対する債務不履行責任または不法行為責任については、ユーザーの逸失利益、間接損害または特別損害を賠償する責任を負わず、通常生ずべき損害の範囲内で、かつ、1ユーザーあたり本製品金額を上限として損害賠償責任を負うものとします。

第12条
本規約の変更等

  1. 当社は、ユーザーの了解を得ることなく、本規約に変更を加えることができるものとします。本規約を変更する場合は、当社は、変更後の本規約の施行時期および内容を当社のウェブサイト上で掲示する等の適切な方法により周知しまたはユーザーに対して通知します。ただし、法令上ユーザーの同意が必要となるような内容の変更の場合は、当社所定の方法でユーザーの同意を得るものとします。
  2. 前項による変更後の本規約は、当社が別途定める場合を除き、前項に定める施行時期より効力を生じるものとし、その時点より、本製品の利用条件は変更後の本規約によるものとします。
  3. その他本規約に明記されていない事項は、全て当社の判断として留保されるものとします。
  4. 本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、当該無効または執行不能と判断された部分以外の本規約の条項及び部分は、有効に存続するものとします。

第13条
準拠法および管轄

本規約の準拠法は、日本法とし、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。